高浜洋介

 

トット vs ラフレクラン

今年のNHK新人お笑い大賞は、トットとラフレクランの一騎打ちであった。トットは漫才、ラフレクランはコント。結果はトットの辛勝であった。二組をはじめ出演した八組いずれもが持ち味を発揮したコンテスト、話す技術を磨くべき者のひとりとして、大いに勉強になった。

IMG_20161022_131618

庭のキンモクセイが季節のめぐりを教えてくれた秋の一日。

コメント(0)
当ページは班員、班友を中心としたコミュニケーションサイトです。
記事の投稿、コメントは事前登録が必要です。
登録に関しては 領域代表者 までご連絡ください。

高浜洋介

 

知の拠点セミナー

東京駅ちかくの新丸の内ビルディングというところで「知の拠点セミナー」という一般向けの催しがひらかれ、講師のひとりとして参加した。「生体防御のかなめ「胸腺」の形成と機能」と題して1時間たらず話した。専門家ではない聴衆を対象とする講演ではとりわけ、使う言葉や内容のバランスなど準備がむつかしい。

IMG_0513 (1)

今回も行きつ戻りつ準備し、なんとか講演を終えたが、サテ、参加者の皆さんにはどんな印象だっただろうか。少しでも何か心に響くところがあったなら幸いである。本日の読売新聞に掲載されていた記事に目を通すと、なんだか論点とのずれを感じるのであるが。

コメント(0)
当ページは班員、班友を中心としたコミュニケーションサイトです。
記事の投稿、コメントは事前登録が必要です。
登録に関しては 領域代表者 までご連絡ください。

高浜洋介

 

二百十日

立春から二百十日。強い風がわざわいをはこんでくる季節といわれ、ちょうど今も九州に大きな台風が接近している。そういった風の邪を払うべく行われているという「おわら風の盆」、胡弓と三味線にのった唄と若い踊りが印象深い、越中八尾のまつりである。

IMG_20160902_211746

盆のおどりといっても、地元徳島の阿波踊りでは、にぎやかにマスゲームに興じるひともいる。根源的には先祖に思いを馳せる盆のまつりであり、鎮魂のおどりといわれる。今年も秋の到来。

コメント(0)
当ページは班員、班友を中心としたコミュニケーションサイトです。
記事の投稿、コメントは事前登録が必要です。
登録に関しては 領域代表者 までご連絡ください。